下半身のケガ

シンスプリントの治療について

足関節担当の三浦(@RyoheiMiura)です。

前回の記事からだいぶ間を空けてしまいました。
知識を整理して、一般化して発信する作業は今後も続けていきたいと思います。少しでも誰かの役に立っていれば嬉しい限りです。

 

さて、前回はシンスプリントの基本的な情報についてお伝えしました。

あわせて読みたい
...

中でも疲労骨折との鑑別は最重要項目です。
今回は実際の治療について、調査した論文をまとめていきます。

まとめられた論文の情報


Wintersらが2013年に公表した論文を紹介します。この論文では2012年までに収集した論文を最終的に11編に絞っています。選出の基準はコチラ。

 

  • シンスプリントを対象にしたもの(疲労骨折は除外)
  • シンスプリント治療群と対照群(何もしない)を比較した研究であること
  • 回復までの時間や痛みに対する効果を検討していること

 

しかし、論文の質を評価してみると、今回選出された論文のバイアス(偏り)が大きく、結果に影響している可能性を著者らが指摘しています。

 

つまり、たくさんの論文から基準を満たした論文を選んでいますが、今回の結果は根拠のある確実な情報とは言えない可能性も考える必要がある、ということです。

 

その点に注意して、治療に関してまとめていきます。

スポンサーリンク

シンスプリントの治療


結果をまとめると・・・

 

✅対照群よりもイオン導入(生体組織に物質を送達するために電流を用いる技術)・超音波導入(生体組織に物質を送達するために超音波を用いる技術。 イオン導入と異なり、イオン化できない物質も導入可能)・アイスマッサージ・超音波治療は痛みを軽減

✅イオン導入は超音波導入よりも優れていなかった

✅低エネルギーレーザー治療は対照(レーザーを偽った治療)と差なし

✅骨膜への鍼治療と超音波治療の組み合わせは、超音波治療単独よりも痛みを軽減する

✅①6段階のランニングプログラム、②①+ストレッチアンドふくらはぎの筋肉のトレーニング、③①+スポーツ圧迫ストッキング、全て差はなし

✅足の装具ありなしで差はなし

✅パルス電磁波はプラセボ(偽治療)と比較して差なし

✅①体外衝撃波治療(衝撃波を患部に当て、痛みや回復を促す治療)と12週間の自主運動は自主運動のみよりも痛みと重症度を改善する

✅6段階のランニングプログラム+体外衝撃波治療は、ランニングプログラムのみよりも段階を上げるスピードを改善

 

 

何度もお伝えしますが、論文の質は少し低いため偏った結果になっている可能性があります。

著者らは、“今後、基礎となる組織学や病因を理解することが重要だ”と述べています。

つまり、そこが解決しないと治療も定まらない、ということですね。

最近のシンスプリント治療


ここまで紹介した論文は2013年公表です。ここ数年(2014-2019年)で公表されたシンスプリントの治療に関する論文を調べてみました。

ざっとこんな感じです。(全てシンスプリント患者を対象としています)

 

  • 足の内側のアーチを高くすることを意図したインソール(中敷き)は、足裏の圧を健常者と同様の状態に近づける(文献2)
  • テーピングとインソールは痛みと片脚幅跳びを改善する(文献3)
  • 体外衝撃波治療+運動(ストレッチ&筋力トレーニング)は運動のみよりも走行機能と疼痛を改善する(文献4)
  • 体外衝撃波治療はシンスプリントの疼痛と走行機能の改善に効果的ではない(文献5)
  • テーピングは足裏内側の圧を軽減させる(シンスプリント患者の内側の負荷を減らす)(文献6)

 

残念ながら現在も、有効な治療法は確立していないと言えそうです。

おわりに

今回はシンスプリントの治療についてまとめました。

残念ながらこれをやっておけばいい!という治療は現状ありません。どうやって痛みが出たところに負担がかかったのか、医療機関で診断・治療を受けるようにしましょう!

執筆者:Ryohei Miura(@RyoheiMiura

 

引用文献

  1. Sports Med. 2013 Dec;43(12):1315-33. doi: 10.1007/s40279-013-0087-0. Treatment of medial tibial stress syndrome: a systematic review. Winters M1, Eskes M, Weir A,Moen MH, Backx FJ, Bakker EW.
  2. Eur J Sport Sci. 2019 Mar;19(2):247-257. doi:10.1080/17461391.2018.1503337. Epub2018 Aug 7.Arch-support foot-orthoses normalize dynamic in-shoe foot pressuredistribution in medial tibial stress syndrome.Naderi A1, Degens H2,3, Sakinepoor A4.
  3. J Sports Med Phys Fitness. 2018 Nov;58(11):1666-1670. doi: 10.23736/S0022-4707.17.07520-X. Epub 2017 Oct 24.Functional outcomes of kinesio taping versusstandard orthotics in the management of shin splint.Kachanathu SJ1, Algarni FS2,Nuhmani S3, Alenazi AM4, Hafez AR5, Algarni AD6.
  4. Int J Surg. 2017 Oct;46:102-109. doi: 10.1016/j.ijsu.2017.08.584. Epub 2017 Sep 5.Shockwave treatment for medial tibial stress syndrome in military cadets: A single-blind randomized controlled trial.Gomez Garcia S1, Ramon Rona S2, Gomez Tinoco MC3,Benet Rodriguez M4, Chaustre Ruiz DM5, Cardenas Letrado FP6, Lopez-Illescas RuizÁ7, Alarcon Garcia JM8.
  5. J Sci Med Sport. 2017 Mar;20(3):220-224. doi:10.1016/j.jsams.2016.07.006. Epub2016 Aug 5.Shockwave treatment for medial tibial stress syndrome: A randomized double blind sham-controlled pilot trial.Newman P1, Waddington G2, Adams R2.
  6. Phys Ther Sport. 2016 Mar;18:62-67. doi: 10.1016/j.ptsp.2014.01.001. Epub 2014 Jan 29.Lower-leg Kinesio tape reduces rate of loading in participants with medial tibial stress syndrome.Griebert MC1, Needle AR2, McConnell J3, Kaminski TW4.