上半身のケガ

野球肩ってなに?野球肩の種類と特徴

肩・肘担当の濱田(@KoHamada39)です。

“野球肩”というケガを一度は耳にしたことがある方も多いでしょう。野球をしている選手が肩を痛めると野球肩と診断され、適切な治療が行われます。

ただし、その野球肩にも様々な種類があり、しっかり検査を行い適切な治療を行わないと、痛みが長引いたり、手術が必要になったり、選手生命が脅かされます。

今回は野球肩の種類と、代表的な症状をご紹介します。

代表的なものは以下の3つです。

上腕骨近位骨端線離開(リトルリーガーズショルダー)

SLAP損傷(関節唇損傷)

インピンジメント症候群

上腕骨近位骨端線離開(リトルリーガーズショルダー)とは

小学生や中学生のときのように、成長期に起こりやすいケガの一つです。

肩は肩甲骨と上腕骨(図1・B)でできており、上腕骨には成長線(骨端線)が存在します(図1・B白矢印部分)。

図1 A:骨端線離開がみられる上腕骨   B:健常な上腕骨
Heyworth 2016より引用・追記1

 

投げる動作は、腕をひねる運動を繰り返します。この運動により、成長線の部分にはねじれる力や引っ張られる力が働きます。これが慢性的に繰り返されることで成長線の部分が離開してしまい、痛みが発生します2

図1のAの白矢印部分がBの健康な肩と比べると開いているのがわかると思います。

これが上腕骨近位骨端線離開というケガです。繰り返しによるストレスで疲労骨折として発生する場合もあれば、一回の全力投球で、急に離開してしまうこともあります。

成長線のケガですので、もちろん成長期に多いケガです。
8−16歳の成長期のなかでも、12歳が21%、13歳が29%とこの2年で50%を占めるという研究結果も報告されています1。次いで、11歳、14歳が多いようです。

一般的に投げるときの上腕の痛みを訴えますが、より離開が進んでしまった段階になると、安静時でも痛みが出たり、日常生活に支障をきたすことがあります。

スポンサーリンク

SLAP損傷(上方関節唇損傷)とは

肩甲骨と上腕骨でできている肩関節には、その間に関節唇という組織が存在します。投球動作は肩関節をひねる動作の繰り返しなので、この関節唇にも負担がかかります。

それが過剰、あるいは負担のかかりやすい投げ方などが影響して関節唇、特に上方の関節唇が損傷してしまいます。

これがSLAP損傷です。

図2.大学野球選手のSLAP損傷
Boutin 2018より引用)

 

SLAP損傷は、投げるときの肩の引っかかり感を訴えることが多くあります。特に、投球動作では肩をひねるとき(図3赤枠内の動作)に症状を感じることが多いです。

図3.投球動作の一連の流れ
Fleisig 19994より引用)

 

損傷がひどい場合、肩が抜ける感じや痛みで日常生活に支障が出る場合もあります。
損傷程度によって対処方法は様々で、投球時の肩への負担が減るよう肩甲骨や体幹、股関節を含め全身のリハビリをすることで投げられるようになるものもあれば、手術をして損傷した関節唇を縫合する場合もあります。

インピンジメント症候群とは

インピンジメントとは物が挟まる、つまる、などを意味します。投球動作の中で、肩の上や後ろのほうが痛い、違和感がある、ひっかかるなどの症状を訴えることがあります。

肩の中には腱板といわれる筋肉や、関節や筋の動きを滑らかにする役割をもつ滑液包、関節唇というものが存在します。それらが何らかの理由で投球動作中に挟まってしまうことが原因で引き起こします。

それがインピンジメント症候群です。
それらは以下の通り、大きく3つに分けることができます。

インターナルインピンジメント

肩峰下インピンジメント

烏口下インピンジメント

この詳細について今回は割愛しますが、これらの症状は一部の画像診断(レントゲンやMRIなど)では診断できないことが多く、「画像的には問題ないから」と言って、経過観察にされることが少なくありません。

原因は肩の筋肉の硬さや、肩甲骨がうまく動かせていないことによるものが多いと報告されています5, 6

おわりに


今回は野球肩の代表的なケガである、上腕骨近位骨端線離開(リトルリーガーズショルダー)、SLAP損傷(関節唇損傷)、インピンジメント症候群について書きました。

いずれにしても、まずは痛みがある場合は整形外科を受診し画像上問題がないことを確認しましょう。痛みがあっても、ケアをしながら練習できるもの、治療に集中しないといけないものなど、多岐にわたります。

特に痛みが長引いている症状があれば近くの整形外科、またはスポーツ整形を受診して、相談してみましょう。画像では問題なくても、やはり投げるときに痛みがある場合は、インピンジメント症候群の中でも書きましたが、肩甲骨の使い方など、体の使い方などに原因が隠れている場合があります。

そんな時は、整形外科でリハビリを希望してみましょう。理学療法士などのセラピストが、身体の状態を確認し、適切な治療を提案してくれると思います。

 

執筆者:濱田(@KoHamada39

 

参考文献

  1. Corpus KT, Camp CL, Dines DM, Altchek DW, Dines JS. Evaluation and treatment of internal impingement of the shoulder in overhead athletes. World journal of orthopedics. 2016 Dec 18;7(12):776-84. Epub 2016/12/30.
  2. Behrens SB, Compas J, Deren ME, Drakos M. Internal impingement: a review on a common cause of shoulder pain in throwers. The Physician and sportsmedicine. 2010 Jun;38(2):11-8. Epub 2010/07/16.

 

引用文献

  1. Heyworth BE, Kramer DE, Martin DJ, Micheli LJ, Kocher MS, Bae DS. Trends in the Presentation, Management, and Outcomes of Little League Shoulder. The American journal of sports medicine. 2016 Jun;44(6):1431-8. Epub 2016/03/18.
  2. Dotter WE. Little leaguer’s shoulder: a fracture of the proximal epiphysial cartilage of the humerus due to baseball pitching. Guthrie Clinic bulletin. 1953 Jul;23(1):68-72. Epub 1953/07/01.
  3. Boutin RD, Marder RA. MR Imaging of SLAP Lesions. The open orthopaedics journal. 2018;12:314-23. Epub 2018/09/11.
  4. Fleisig GS, Barrentine SW, Zheng N, Escamilla RF, Andrews JR. Kinematic and kinetic comparison of baseball pitching among various levels of development. J Biomech. 1999 Dec;32(12):1371-5.
  5. Burkhart SS, Morgan CD, Kibler WB. The disabled throwing shoulder: spectrum of pathology Part I: pathoanatomy and biomechanics. Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association. 2003 Apr;19(4):404-20. Epub 2003/04/03.
  6. Burkhart SS, Morgan CD, Kibler WB. The disabled throwing shoulder: spectrum of pathology Part III: The SICK scapula, scapular dyskinesis, the kinetic chain, and rehabilitation. Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association. 2003 Jul-Aug;19(6):641-61. Epub 2003/07/16.